不要な画像を作成せず必要なものだけにする!WPのメディア設定

更新2021/12/06

WordPressは初期設定のままだと、画像を一つアップロードするといくつものサイズの画像が自動生成されるようになっています。

自動生成される画像が必要であれば、この機能はとても便利なものです。
しかしその画像を使わないのであれば、不要な画像がどんどんたまってしまって管理しづらくなってしまいます。

そんな不要な画像を作らず、必要なサイズの画像だけを生成するようにする設定のメモです。

WordPressのメディア設定

メディア設定画面は、メニューの【設定 > メディア】で移動。

メディア設定では以下のことを設定します。

  • 自動生成される画像サイズ
  • 画像の保管フォルダの分類

画像サイズ設定

メディア設定画面で必要な任意のサイズに変更できます。
初期では「サムネイル・中サイズ・大サイズ」が設定されています。

ここに設定されている画像サイズはエディタで選択して、画像にサイズ指定できます。

選択するときに「フルサイズ」というものも選択肢にありますが、これは画像の元のサイズのことです。
このようにクリックだけでサイズが調整できるので便利ですね。

画像サイズの作られ方

サイズ設定で入力した幅や高さの数字は「最大寸法」で、画像の縦横比率を保って長い方に合わせてサイズ変換されます。

例えば「280 × 192」の画像なら長い方が「150」になって、短い方は元の比率に合わせて縮小します。

【サムネイルのサイズ】には「サムネイルを実寸法にトリミングする」というチェックボックスがあります。これをチェックしている場合、サムネイルサイズの場合は比率に関係なく入力されているサイズにトリミングされて生成します。

元の画像サイズが入力されているサイズより小さい場合は生成されません。
「280 × 192」なら、幅・高さを300に設定した中サイズやそれ以上の大サイズも作られません。

自動画像生成しないようにする

メディア設定を初期値のままにしておくと、一つの画像からこんなにもたくさんの画像が自動生成されるんです…

画像が増えればサーバーが重くなって表示速度にも影響が出てきます。やはり不要なものは初めから作らないように設定しておくのがベストです。

元の画像サイズが大きいほどたくさんの画像が自動生成されるので、元画像のサイズもあまり大きくなりすぎないように注意したいところです。

もちろん使うならそのままでいいのですが、使わなければ生成されないようにしておきましょう。

メディア設定のサイズを「0」にする

自動生成したくないサイズは幅も高さも「0」にして保存します。

実はメディア設定画面には表示されない画像サイズがあります。この画像サイズも不要であれば生成されないようにしておきたいものです。

この設定は「/wp-admin/options.php」で変更します。(管理画面からのリンクはないのでURLで直接アクセスしてください)

options.php にアクセスすると、「すべての設定」という画面が表示されます。

このページの「medium_large_size_w」を検索。ここに数字が入っていると、そのサイズの画像が自動生成されます。不要な場合は「0」にして、一番下の「変更を保存」ボタンをクリック。

すべて0にしておけばサイズ別の自動生成はされないはずです。設定後は確認してみてくださいね。

カテゴリー : WordPress

TOPへ