WordPressでzipaddr-jpが動かない

更新2021/11/14

簡単に住所自動入力ができるWordPressのプラグイン、zipaddr-ja。

プラグインを有効にして、idやnameを仕様通りに設定するだけ!というもので、「すごい簡単!」と思って感動して、導入したところ動かなかったので、その時の対応方法です。

うまくいかなかった時の作業内容。

フォームのプラグインは「MW WP Form」。
フォームの挿入は固定ページのテンプレートファイル(page.phpなど)から。
テンプレートファイルに do_shortcode() を使用してフォームを出力。

コードのidやnameが間違っていないか、記述箇所が違うのか…何度も確認したり見直したけど、間違いはない。

解決内容

悩みまくった末、do_shorcode() を使うことを諦めました。

というのも、

do_shortcode() を使わず、固定ページの管理画面にショートコードを入力して the_content() で出力させる。

ということです。

動かなかったコードがこちら。

<?php echo do_shortcode('[mwform_formkey key="000"]') ?>

修正方法がこちら。

固定ページの編集画面に行ってコードを入力。

固定ページ編集画面でMWのショートコードを追加

テンプレートファイルへの記述を以下のようにする。

<?php the_content(); ?>

これで全く動いてくれなかった自動入力がすんなり動きました!

公式サイトの説明をちゃんと読むと、「do_shortcode() を使った場合は特別な処理が必要」ということが書かれていました。

zipaddr-jpの公式サイトはこちら

ただちゃんと理解できず、この説明内容のことを行なってもうまくいかなかったんですよね…(理解できる人は問題ないかも)

なので、私は結果として do_shortcode() を使わずに実装する方法を取りました。

住所の自動入力ライブラリは他にもいくつかあります。どうしてもうまくいかず、解決に時間がかかってしまう場合は、他の方法で試してみた方が早い時もありますよ。

カテゴリー : WordPress

タグ :

TOPへ