WordPressのゴミ箱機能の変更方法 | KoMariCote

WordPressのゴミ箱機能の変更方法

更新2024/04/09

WordPressで不要になった投稿はまずゴミ箱に移動させるようになっています。そしてゴミ箱に送られてから30日後に自動的に消去されるのがデフォルトです。

このデフォルト設定は変更可能です。この記事ではゴミ箱機能のカスタマイズ方法を記していきます。

自動的に消去される日数を変更

自動的に消去される日数を変更するには、wp-config.php ファイルに以下のように記述をします。

define('EMPTY_TRASH_DAYS', 日数);

上記コードの「日数」のところを、ゴミ箱に残しておく日数にしてください。

ゴミ箱には移動せずに削除する

ゴミ箱に移動せずに、そのまま削除したい場合は先述したコードの「日数」のところを「0」にします。

define('EMPTY_TRASH_DAYS', 0);

この設定にしている場合は削除する際は十分に注意して行いましょう。

このコードを記述すると、「ゴミ箱へ移動」ボタンの代わりに「完全に削除する」ボタンが表示されます。
そして「完全に削除する」ボタンをクリックすると、警告メッセージは表示されずにその投稿が即削除されます。

ゴミ箱の保存期間が「1」以上の場合
ゴミ箱の保存期間が「0」場合

この設定をする前にゴミ箱にある投稿は削除されませんでした。設定前にゴミ箱にある投稿を削除する場合は手動で削除する必要があります。

ゴミ箱の自動削除機能を停止

ゴミ箱にある投稿が自動的に削除されるのを無効することもできます。この場合 functions.php に以下のように記述します。

<?php
function disable_scheduled_delete() {
  remove_action('wp_scheduled_delete', 'wp_scheduled_delete');
}
add_action('init', 'disable_scheduled_delete');
?>

このコードの動作確認をした時は wp-config.php にdefine('EMPTY_TRASH_DAYS', 1); の記述をしていましたが、ゴミ箱の中に入れていた記事は1日以上経っても削除されませんでした。

こちらの設定をしておけば意図的に削除しない限り残り続けます。

ただし削除されないということは、不要な記事が溜まり続けていくことにもなります。不要なデータがたまりすぎるとサイトに負荷がかかってしまうことも。
ゴミ箱の記事を自動消去せず記事を多く書いていくのであれば、定期的にゴミ箱にある記事が不要か必要かは見直していきましょう。

カテゴリー : WordPress

TOPへ