カテゴリー一覧が表示されない時にチェックすること【WordPress】

更新2021/11/06

カテゴリー一覧ページで真っ白な画面になってしまう、カテゴリー一覧ページへアクセスできない。
そんな時にチェックしたいこと、その解決策をまとめていきます。

何かの作業直前にカテゴリー一覧が表示されていることが確認できていれば、その作業内容に問題があるはずなので、原因究明はしやすいです。
ただ毎回の作業の時に全ページチェックはついつい忘れがちに…(私はそうです)

いつの間にか表示されない、そういった時に何をチェックしていくかを知って、早急に原因を特定していきましょう。

キャッシュを削除してみる

特に思い当たらない場合、簡単な方法から試していきましょう。

キャッシュによって正常に動作しないこともあるので、まずはブラウザのキャッシュを削除。
キャッシュプラグインを入れている方は、そちらの方でも削除してください。

パーマリンク確認

カテゴリーページにアクセスできていない場合、設定 > パーマリンク の「共通設定」を確認します。

カスタム構造にしていて「/%postname%/」だけにしていると一覧ページが表示されません。「/%category%/%postname%/」にしましょう。

「/%category%/」 部分の表示をURLにのせたくない場合はプラグインを使って削除することができます。

テーマを変えてみる

テーマに問題がないか確認するには他のテーマを使ってみるのも一つの手です。

別のテーマに変更して表示される場合はテーマの中に問題あり。テーマ内のファイルをチェックしていきましょう。

プラグインチェック

WordPressのエラーはプラグインが原因となることも多いです。

一覧が表示されなくなった時に追加したプラグインを停止してみましょう。解決されない場合は一覧ページが表示されるか確認しながら一つずつ停止していきます。

プラグイン停止後に表示されれば、そのプラグインが原因です。代替プラグインや、そのプラグインのエラーについて調べて解決法を見つけましょう。

同じような機能のプラグインを有効にしているとエラーになることも多いようです。
プラグインをたくさん使っている場合、これを機に整理してみるのもいいかもしれません。
もし自分で機能をつけられそうなら自作してみるのもありです。

一覧ページのテンプレートファイルを確認

画面が真っ白になっている場合、表示しているテンプレートファイルが原因の場合があります。

カテゴリー一覧ページのテンプレートファイルは category.php や archive.php、その他 category-〇〇.php といったファイルも当てはまります。

そのファイルをコピーして別の場所へ置いておいて、新たに category.php や archive.php ファイルを作ってテーマに入れてみます。

これで正く表示されるなら、そのファイルの記述にエラーの原因があるので、思い当たるコードを削除したり書き換えたりしてみてください。

もしくはデバックモードにしてエラー行を確認します。

使えないスラッグを使ってる?

ワードプレスには予約語というものがあって、その文字列は使用することができません。
使用すると404エラーに…
register taxonomy #予約語 – WordPress Codex 日本語版

あまりないとは思いますが、こういったカテゴリー名、タクソノミー名などにしていないかチェックしてみてください。

カテゴリー : WordPress

タグ :

TOPへ